採用情報

採用情報

ジェイ・エイ・ティー・シー設計の中核をなす業務は、⽣産設計・施⼯図作成


建築物の⽤途は、オフィスビル、官公庁舎・警察署・消防署、競技場・球場や劇場・映画館、病院、ホテル・旅館、⼯場、福祉施設、学校・体育館、博物館・図書館、百貨店・マーケット、倉庫などに分類されます。
また建築物の構造は、構造材料により鉄筋コンクリート構造(RC造)、鉄⾻鉄筋コンクリート構造(SRC造)、鉄⾻構造・鋼構造(S造)、コンクリート充填鋼管構造(CFT造)等に分類されます。(建築基準法による)
ジェイ・エイ・ティー・シー設計は、これらの建築分野のオフィスや庁舎、病院、空港、⼯場などの建築⼯事において⽣産設計・施⼯図作成を中核の業務として担っています。



⽣産設計なくして建設⼯事は進みません

⽣産設計とは、建築物の設計図や関連設計図書の情報に、実務上の技術的な情報・検討と作業所の基本⽅針を加え、現場での施⼯に不可⽋な情報を図⾯として整理することです。
この業務では、関係者の綿密なコミュニケーションのもとに、建築CADを⽤いて作業が⾏われます。最近では、施⼯BIMにより「施⼯の⾒える化」などを⾏う場合もあります。
また、これらの業務では、建築の専⾨知識に加えて、仕事の品質、納期、費⽤の管理が重要となります。
そのためジェイ・エイ・ティー・シー設計では、ISO9001認証を取得(2009年12⽉)し、全社的なマネジメントシステムを適⽤することにより、お客さまに 迅速で⾼度な品質を提供しています。

 



生産設計のみならず企画、設計から竣⼯後の運⽤・維持管理まで、幅広い業務領域

最近 建築のICT分野では、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)を導⼊し、企画設計段階から施設運営(FM)段階までの様々な建築基礎情報の⼀元管理を⾏おうという情勢もあり、当社 ジェイ・エイ・ティー・シー設計でもこの新たな課題に取組み 施⼯BIMなどで実績をあげつつあります。


具体的には、⽣産設計の川上の業務から川下の業務まで、すなわち 企画、設計段階の建築物の調査や建築技術コンサルティングのアウトプットから、建築物の竣⼯後の運⽤・維持管理(FM)に必要とされる設計・施⼯の⽂書・図⾯情報のアウトプットまでの情報統合化に関して、これまでの実績や経験を活かしつつ、CADやBIMの特性を活⽤した業務領域に積極的に対応しています。


そのため、 当社 ジェイ・エイ・ティー・シー設計は、⽣産設計を中核業務としていますが、設計、構造設計、建築⽣産技術、⽣産設計、CADやBIM技術の専⾨集団たることを常に標榜し、お客さまのニーズに合わせて、建築物の設計・施⼯・運⽤・維持管理にかかわる業務サービスを⾏っています。




ジェイ・エイ・ティー・シー設計の業務環境

◎大手建設会社からビックプロジェクトの依頼が増加


創立27年を迎える当社。大規模建築物はもちろん特殊建築物にも対応できる技術力と、高品質・スピーディな仕事の進め方に信頼を得て、首都圏のみならず東北や北海道・札幌などでも 大手建設会社からの業務依頼が増加しています。

また、中国 瀋陽に拠点を構え、これまでのアジアでの業務実績を踏まえ、さまざまな対応力の強化を図っています。

このように業務量の増加にこたえるために、社員の増員を図り組織対応力強化を行っています。


◎仕事のだいご味と厳しさ


日本を代表する建築プロジェクトに関わることができ、50年、100年と建築として残るという仕事  そして家族・子供に自慢できる仕事  に携わることができます。このことから建築技術者ならではの大きな ”遣り甲斐” 実感できます。

しかし一方で、大手建設会社から期待されるがゆえに、仕事には徹底して責任を持ち、品質を第一に、丁寧に、迅速にすすめる力が必要です。

     

       

       東京駅周辺の大規模建築群・・ビジネス業務基盤として永く使われる 撮影;日比 克治




 ◎プロジェクト実務を通した自己成長


大手建設会社と安定的な取引を続ける建築技術者集団の中に入り、様々な建築プロジェクト(業務実績 参照)の生産設計・施工図作成・BIM実務等に携わることにより、建築技術者としての専門知識を身につけたり、幅広い実務経験により自己成長を可能とする職務環境です。


     

     




◎社風・職場環境


社長、役員、社員が一体となって仕事をしています。月1回定期的にミーティングを開いており、この場には社長も参加しますが、それぞれが気軽に、意見を述べたり、相談、質問ができる雰囲気です。

社員同士の交流も活発なので、新しく入社された人も馴染みやすい職務環境といえます。

特に新社員には、建築技術の実務、先進ICTなど高度な専門知識とスキルを習得するための社内研修を体系的、計画的に行い、プロとしての第一歩を踏み出すためのサポートをしています。






建築技術を学びこれから社会で活躍されようとする皆様へ

弊社は、建築分野で持続的に社会貢献していくために、次の3つのことを大切に企業活動を進めています。



第1 若手人材の社内育成


若手人材、特に新卒人材の専門技術取得のために、入社直後から計画的な教育を実施しています。

建築技術全般・生産設計について経験豊かな技術者が、6か月にわたり建築実務のイロハから教育し、更に計画的なジョブローテーションによる多様な実務・組織活動で、高度な建築技術とビジネスマン気質を研修、習得してもらいます。


      



第2 生産設計をキーテクノロジーとして


業界をさきがけるべく、施工図はもとより生産設計ノウハウをコアコンピタンスとし、建築設計から施工・維持管理までをサービス事業領域として整備しています。


…建築市場の5年後  10年、20年後を見据え保有技術の高度化を図りつつ、その周辺技術を吸収し実践力を拡充。建築市場のニーズを先取りした経営(姿勢)の方針を実施しています。


BIMによるアウトプットイメージ

    

      図はhttp://j-bim.gloobe.jp/contents/index.html「J-BIMの実現に向けて」から引用しています。




第3 先端技術の活用


BIM(Building Information Modeling ビルディング インフォメーション モデリング :建物とそれに関わる多様な情報を「3次元建物モデル」に集約・統合。これを建物データベースとして、設計から施工、維持管理に至るプロジェクト全体で活用する建築手法)など建築分野の先進手法・ICT技術を積極的に導入しています。


…3次元CADモデルをもとにし、生産設計情報のみならず設計から施工に至るまでの入力蓄積情報を活用することで、業務を効率化し、デザインイノベーション、施工合理化を支援。

若手技術者のICT技術対応力を要にした業務を実施。



        

        図はhttp://j-bim.gloobe.jp/contents/index.html「J-BIMの実現に向けて」から引用しています。




                    社内「BIM開発センター」での研修  平成30年4月





新卒採⽤(正社員) 8-10名 2018年4⽉20⽇更新


新卒・第二新卒の皆さんへ
   『建設業界 その中でなくてはならない生産設計にチャレンジしませんか』

オフィスビル、マンション、空港、病院や工場などの建築物は、我が国の社会・経済活動の基盤を構成する不可欠な施設です。当社(私達)は、これらの建築施工において「生産設計(建築設計図を実用的に具現化する)業務」を担当するプロ集団として27年余の実績を重ねています。

  主要な業務として、建築の知識や専門技術をもとに、AutoCadなどのソフトウェアを用いて、現場で間違いがなく建築施工するための計画図、施工図 注) 資料を作成し、ゼネコン(施工請負会社)に提供しています。

 
   市場では、2020年東京オリンピック開催に向け  それらに関連した施設整備事業が活況を呈しています。また、都市部では再開発事業をバネに  さまざまな建築施工プロジェクトが動き出しています。
 
新卒・第二新卒のみなさんには、当社のインターンシップ制度や新社員のための実務教育・研修の制度(6ヶ月)を通して、建築専門技術者としての第一歩をサポートするための充実したプログラムを用意しています。(下記参照)
 
これら最新の建築プロジェクトを担う一員として  私達とともに建築業界で、活躍しませんか 。



導入教育  実務の教育・研修の概要

    


‐ 建築施工プジェクトにおけるジェクトにおけるJATC設計の業務の位置づけ -
注)計画図は、建築工事に必要な総合仮設図、変更検討図、計算書の作成などのことで、また 施工図は、実際の施工にあたり、設計図で表現しきれない細かい部分を検討し、躯体図、平面詳細図、天井伏図などとして書く図面のこと


    





職種︓⽣産設計補助、施⼯図作成、建築CAD・BIMオペレータ 2018年4⽉20⽇更新

仕事内容 ■計画図、施⼯図の作成(設計図⾯をもとに施⼯図(躯体、仕上、割付図等)を作成)
■建築CADオペレーター(AutoCADによる施⼯図⾯の作成(3次元モデルを含む))
■施⼯BIM 資料作成補助
試⽤期間3か⽉
この期間を含め⼊社初年度に⽣産設計、建築技術の実務について6ヶ⽉の集中教育・研修
応募資格 建築関連の専⾨学校、短⼤、⼤学を卒業(⾒込みを含む)
待遇 ⽉収︓202,000〜203,500円/⽉ 地域⼿当、住宅⼿当(世帯主の場合)を含む
その他に 通勤⼿当、家族⼿当、資格⼿当 あり
昇給 1回/年 賞与 1回/年 (社内規定、業績による)
育児・介護休業制度、定年後再雇⽤制度 あり
福利厚生 健康保険、厚⽣年⾦、雇⽤保険、労災保険 あり 退職⾦制度 あり(中退共)
遠隔地出⾝者には必要に応じ借家を2年間提供(⾃⼰負担有)
休日・休暇 隔週週休2⽇制 ⽇、祝⽇、隔週⼟曜⽇ 休み
夏季・年末年始休暇制度 あり(⼀部 有給併⽤) 有給休暇、慶弔休暇制度 あり
注)現場常駐の場合は、休⽇・休暇が異なる
勤務地 東京本社、または都区内(⾸都圏)、北海道・札幌 他
勤務時間 8:30〜17:30 (休憩60分を含む)
注)現場常駐の場合は、別に定める


中途採用:既卒~5年 採用(正社員) 4-6名         2018年4月20日更新

建築専門の卒業

就業機会がなかった方     短期間の就業経験の方  建築への回帰を考えている方
自ら修得した建築知識、建築専門性が活かしきれていますか
 
是非それを建築生産設計分野で活かしてみませんか  是非応募を検討してください



建築以外の専門分野の卒業
 
異業界で満足できていない方   これから転職を考えている方
将来建築分野で独立起業を目指している方
建築に興味があり、建築技術スキルを身につけたい方
 
チャレンジ魂とやる気がある方   是非応募を検討してください
 
社会が必要としている建築技術者を育成するために、個人別指導や教育・研修制度のプログラムを用意しています (下記参照)



導入教育  実務の教育・研修の概要

    

建築分野の業務内容は、多種多様で設計分野、施工分野の中が細分化されています。
当社 ジェイ・エイ・ティー・シー設計は,施工分野の生産設計を中核業務としていますが、建築の設計から施工、維持管理まで幅広く対応しており、また、情報技術分野では、CADのみならず最新のBIM(Building   Information  Modeling  )対応も拡充しつつあり、自己の専門知識、スキルに応じ、自分に合った専門業務を見つけることも可能です。
建築への興味、チャレンジ魂、やる気 が備わっていれば、建築系に限らず 既卒~5年程度の方で 建築知識が十分でない  建築就業経験がない  経験期間が短い などの場合は、業務に必要な専門知識習得のための個人別指導を受け、「建築系新卒」と同様の実務教育・研修の制度を通して、建築専門技術者となるためのサポートをしっかり行います。

なお、採用後の仕事内容、処遇、福利厚生、休日・休暇、勤務地、勤務時間は、上記の「新卒・第二新卒」の内容を参考にしてください。





キャリア採⽤(正社員、契約社員)

急募 職種:⽣産設計、施⼯図作成、(施⼯管理、設計) 8名 2018年4⽉20⽇更新

仕事内容 ■計画図、施⼯図の作成(設計図⾯をもとに施⼯図(仮設、躯体、仕上、割付図など)を作成)
製作図のチェックや設計、管理、⼯事業者との打合せなど含む
■構造設計(構造の基本設計から実施設計)
■施⼯管理(積算・図⾯チェック、施⼯計画⽴案、現場での原価・⼯程・品質の管理)
■建築CADオペレーター(AutoCADによる施⼯図⾯の作成(3次元モデルを含む))
■建築BIMオペレーター
応募資格 ■建築関連の専⾨学校、短⼤、⼤学の卒業者(5年以上の建築実務経験があれば不問)
■計画図、施⼯図作成・建築CAD、建築BIM操作・施⼯管理・設計の業務を3年以上の経験者
■上記業務でのマネジメント職務の経験者
業務関連資格の保有者 優遇
待遇 正社員︓ 年収400万円前後 (30才 係⻑ ⼀級建築⼠ 扶養家族3⼈ 住宅⼿当 含む 残業別)
契約社員︓⽣産設計管理職 ⽉収 462,000円〜 (50才 ⼆級建築⼠ 残業含む)
CADオペレータ職 ⽉収 315,000円〜 (40才 残業含む)
契約社員の場合 無期労働契約への転換制度、正社員への登⽤制度 あり
いずれも 経験内容、能⼒により加給
なお、正社員採⽤の場合 2か⽉の試⽤期間中は、⽇給⽉給。
(契約社員︓6か⽉の試⽤期間後も⽇給⽉給)
福利厚生
健康保険、厚⽣年⾦、雇⽤保険、労災保険 あり 退職⾦制度 あり(正社員の場合)
遠隔地出⾝者には必要に応じ借家を提供
詳細は、就業規則による
休日・休暇 隔週週休2⽇制 ⽇、祝⽇、隔週⼟曜⽇ 休み
夏季・年末年始休暇制度 あり(⼀部 有給併⽤) 有給休暇、慶弔休暇制度 あり
注)現場常駐の場合は、休⽇・休暇が異なる
詳細は、就業規則による
勤務地 東京本社、または都区内(⾸都圏)、北海道・札幌 他
勤務時間 8:30〜17:30 (休憩60分を含む)
注)現場常駐の場合は、別に定める


応募・選考について

1.選考プロセス

・履歴書による書類選考

・⼀次⾯接(履歴書受領後に、⾯接⽇など連絡)

・⼆次⾯接(⼀次⾯接実施後に、⾯接⽇など連絡)

・内定

応募から内定までは2週間前後を予定してください。⼊社までは最短1カ⽉です。
応募の秘密は厳守いたします。⾯接⽇、⼊社⽇はご相談に応じます。


2.応募⽅法

卒業証明書、履歴書、職務経歴書などを準備いただき、下記に連絡ください。


3.採⽤情報連絡(採⽤のお問合せ)先

本社/〒113-0034
東京都⽂京区湯島1-2-4 神⽥セントビル 7階・8階
TEL:03-5289-8588 FAX:03-3258-8388
採⽤担当︓⼈事本部 竹内


その他、採⽤全般に関するお問い合わせは、⼈事本部 竹内までお願いいたします。